« 山手111番館クリスマス・コンサート | Main | 夏への扉 »

December 26, 2004

情報は発信するもの

ブログ「問はず語り」を始めて一ヶ月半が経過した。
当初は、日記としての内容が多くを占めるのではないかと想像していたけれど、日頃思う事柄を書き記してみたり、読んだ本の感想などを書き留めておいたり、と言った内容が多くなっている。 一ヶ月半分の駄文は、人様から見てどうかは良く判らないけれど、自分で読み返してみると、これはこれで中々面白いのである。
暗闇に向かって独り呟き続ける自分の姿のイメージから名付けた「問はず語り」であるが、幸いなことに既に数名の方々よりコメントとトラックバックを頂いている。 皆さん、ありがとうございます。

昨日、December 20, 2004「ピアノ都々逸」にコメント頂いたシムさんは都々逸詠みの方。 自分のような俄か詠み都々逸とは違って本格的。 数多くの作品をものしておられる。 こういう方に笑覧頂けると言うのは光栄であり、またコワイ事でもあります。

もうひとつ昨日、December 04, 2004「古今東西 陶磁器の修理うけおいます」にトラックバックを頂いた 金継ぎnet さん、どうもありがとうございます。 ブログに陶磁器の金継ぎに興味があると書いて、専門家の方から反応を頂けるとは思ってもいませんでした。 早速 金継ぎnet に行って、作業中の写真等を興味深く拝見しました。

情報は発信するものであると、つくづく感じ入った次第。

#追記:来年の手帳を今日やっと買い求めた。(高橋書店のいつものアレ)

|

« 山手111番館クリスマス・コンサート | Main | 夏への扉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2381520

Listed below are links to weblogs that reference 情報は発信するもの:

« 山手111番館クリスマス・コンサート | Main | 夏への扉 »