« ピアノオフ2004冬 | Main | ショパン 夜想曲 Op.27-2 »

December 13, 2004

アーメンの幻影

一昨日のピアノオフの演目の中に、オリヴィエ・メシアン(1908~1992 仏)作曲の<アーメンの幻影>より 第7曲「成就のアーメン」があった。 二台のピアノによる演奏。
法悦とか官能的とか言った単語を、音楽の評論で時折見掛けるけれど、実の所、どう言う意味なんだか良く判らないでいる。
この日の「成就のアーメン」も、いわゆる官能的の部類に入る一曲だったかもしれない。 ともかく、何時の間にか不思議な昂揚感の中に浸っていたのである。 音楽の大きなうねりの中に放り込まれて、その混沌とした流れに身を任せたままでいる事の幸福。 いつ始まったのか良く判らないし、いつ終わるのかも定かでない。 出来れば何時までも、このままこうしていたいとさえ思うけれど、やがて、コトが終われば常識で制御された日常に戻る事を、心のどこかで意識している・・・
それにしても、こんな途方も無い曲を一介のアマチュアピアニスト達が弾いてしまうのだから参ってしまう。(それも楽しげに!)

|

« ピアノオフ2004冬 | Main | ショパン 夜想曲 Op.27-2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2260046

Listed below are links to weblogs that reference アーメンの幻影:

« ピアノオフ2004冬 | Main | ショパン 夜想曲 Op.27-2 »